健康 全般

悪夢を見ないためにおすすめの三つの方法

[PR]赤ちゃんやこどもにもやさしい 天然100%の虫よけ・防虫スプレー
[PR]ダイエットのサポートに 完全無添加の酵素ドリンク「優光泉」

悪夢を見ないためにおすすめの三つの方法

悪夢というと、どんな悪夢を思い浮かべるでしょうか。

古いトラウマが蘇ってきたり、大切なひとがいなくなってしまったり、あるいは逃げても逃げても追いかけられる夢や突然恐ろしい何者かが現れるといった悪夢を見ることもあるかもしれません。

目が覚めたら汗びっしょり。悲しみや恐怖、不安感でいっぱいになる。

夢というのは混乱している世界を眠りのなかで整理していく作用もあると考えられるので、決して悪いことではありませんが、できれば悪夢は見ないでゆったり眠りたいもの。

悪夢を見る、というのは二つの要素から成り立っています。

一つは身体的なストレスや疲労です。神経的にすり減っていると、眠りも浅く現実的な夢を見たり不安が顕著に現れた悪夢を見やすくなります。悪夢の「濃度」に関連します。

もう一つが記憶や認知など、広い意味での心の問題です。これはどちらかと言うと、悪夢の「内容」に絡んできます。

後者は様々な本を読んだり経験を経ながら、ゆっくりと時間をかけて変わっていくものですが、前者の身体的なケアは対応が可能です。

ここでは、体の面から見た「悪夢を見ないための方法」を紹介したいと思います。

悪夢を見ない方法①「夜ご飯を抜く」

眠りの前に食事をとると、その食事の消化などに体が対応を迫られ、体が睡眠中も休むことができません。

心身ともに健康であればそれほどの影響は感じないかもしれませんが、悪夢を見るくらい心身がすり減っているときは、夜の睡眠の質を上げるためにも、前夜の食事については負担を減らしてあげる必要があります。

悪夢をよく見るときは、夜の食事を抜く(プチ断食)か、塩で味つけた野菜スープなど野菜のみを使った食事をとるようにしましょう。

これだけでも睡眠の質はぐんと上がります。

その他、ハーブティーなどもそのほとんどがノンカフェインでリラックスした心持ちにしてくれる古くから利用されてきた自然のくすりです。

[PR]穏やかな眠りをサポートする専門家監修ブレンドハーブティー

悪夢を見ない方法②「瞑想」

寝る前に視覚的な刺激をたくさん浴びると神経が興奮して、寝ていても半分起きたままの状態になります。

これが悪夢を見ることにも繋がるので、なるべく夜10時以降はスマホも含めた電化製品の電源を切るようにしましょう。

もし電気をつけるとしたら、LEDや白熱灯は刺激が強いので、白熱球の間接照明などに変えましょう。柔らかい灯りが神経を鎮めてくれます。

また布団に入ったら、瞑想をしましょう。

あまり細かい方法にこだわらず、目を閉じ、ゆったりした心持ちで腹式呼吸をします。頭のなかは最初のうち考え事がめぐるかもしれませんが、無理やり考えないようにするよりは、しばらくその風に逆らわず、呼吸に集中しましょう。

10分ほどしたら瞑想は終わり。あとはぐっすり休みましょう。

サッカー元日本代表のキャプテンでいつも冷静だった長谷部誠選手の本がおすすめです。

悪夢を見ない方法③「運動」

上記の二つを行えば、睡眠の質は上がって悪夢を見なくなる夜も増えることでしょう。

もう一つ加えるなら、運動です。

運動によって血行がよくなり、体の柔軟性も高まることで睡眠の質もよくなります。また運動をすることで「余計な思考」もそぎ落とされます。

たとえばランニングをしているときは、あまりごちゃごちゃと考えられず、「走っている」ということに集中できます。作家の村上春樹さんも、ランニングが、思考を働かせすぎる作家生活にとって欠かせないものであるということをエッセイで繰り返し語っています。

運動も、ハードワークだと逆に神経が高ぶりすぎてしまうので、無理のない範囲で、軽いジョギングや散歩、夜であればお風呂に入ったあとのストレッチもよいでしょう。ヨガもおすすめです。

[PR]体験レッスン、女性専用ホットヨガloIve(ロイブ)

以上が悪夢を見ないおすすめの三つの方法でした。

いっぺんに試すのが難しいようでしたら、①から順番に行なってみましょう。一つずつでも十分効果が見込めます。

睡眠が整ってくることで、原因不明の様々な不調も徐々に回復していくでしょう。

[PR]赤ちゃんやこどもにもやさしい 天然100%の虫よけ・防虫スプレー
[PR]ダイエットのサポートに 完全無添加の酵素ドリンク「優光泉」

ABOUT ME
Kirby
Kirby
こつこつと健康をおもんじることの重要さを提唱。趣味は読書と野球とお笑いです。すぐひとのツボを押したがります。