人生

一人暮らや引きこもりで寂しいとき

一人暮らしや引きこもりで寂しいとき

寂しさや孤独は人間の根幹

人間には、どうしても、寂しいときや孤独なときがあると思います。

この世界に自分一人だけのような気がして、どこまでも沈んでいきそうで耐えられないときが、生きている間にはあって、本当に辛いときには、もう生きているのも嫌になることもあります。

寂しさや孤独は、幼い子供のときよりも、徐々に年齢を重ねて、思春期になったり、大人になってから、いっそう色濃くなっていっているのではないでしょうか。

萩原朔太郎さんというむかしの詩人がいます。

彼が、人間の孤独について次のように書いています。

人間は一人一人にちがつた肉体と、ちがつた神経とをもつて居る。我のかなしみは彼のかなしみではない。彼のよろこびは我のよろこびではない。

人は一人一人では、いつも永久に、永久に、恐ろしい孤独である。

原始以来、神は幾億万人といふ人間を造つた。

けれども全く同じ顔の人間を、決して二人とは造りはしなかつた。人はだれでも単位で生れて、永久に単位で死ななければならない。

出典 : 萩原朔太郎『月に吠える』

人間というのは、本来、誰もが違った肉体と神経とを持っていて、自分のかなしみも相手のかなしみも違って、だからこそ、一人一人というのは孤独なんだというわけです。

孤独で、でも、ほんとうのほんとうにひとりだったら、もしかしたら、寂しさもないのかもしれません。

たとえば、ひとりぼっちの自分以外に誰もいない無人島があって、その島で静かに暮らしていたら、誰かと話したい、繋がりたいという感情もなくなって、それゆえに寂しさもなくなるのではないでしょうか。

あるいは、野生の動物のように、ただ純粋な本能のままに今を生きていたら、こんなにも深い、死さえ意識するような寂しさという感情もないのかもしれません。

しかし、人間というのは孤独であるにもかかわらず、完全にひとりにもなれず、社会のなかで生きなければなりません。

寂しさというのは、「繋がることができる環境でありながら、繋がれない状況によって芽生えるもの」なのではないでしょうか。

インターネットや携帯電話の普及によって、いつでもどこでも繋がることのできる環境になったら、より繋がれないことも突きつけられて、むかしの生活よりも、さらにいっそう寂しい想いに襲われることも増えたのではないでしょうか。

ただ、孤独や寂しさというのは、もちろん現代社会に特有のものではなく、はるか昔からあるもので、だから和歌などでも、寂しさが季節の景色とともに詠まれています。

こういう風に考えると、孤独や寂しさというのは人間にとっての根幹と言ってもよく、完全になくすことはできないもので、だからこそ、ときに誰かと話し、抱き合い、ときに音楽や小説で癒し、ときに運動や趣味ではぐらかしながら、上手に上手に、付き合っていくしかないものなのでしょう。


一人暮らしの夜に寂しい

大学進学や社会人生活、単身赴任などをきっかけに、一人暮らしをする人も多いでしょう。

これまで家族と一緒に暮らしていたときは、まだ平気だったものの、実家を離れ、一人暮らしを始めると、途端に寂しい気持ちと直面することになります。

それでも、日中は、仕事や学校があったり、外が賑やかだったり、何か暇つぶしすることがあることで孤独感や寂しさを紛らわせることができるものの、特に一人暮らしの夜、静けさに包まれると、寂しさのあまり、ぐうっと胸のあたりが沈んでいくような感覚になる人もいるでしょう。

一人暮らしで寂しい感情というのは、「慣れ」の要素も大きいでしょう。一人暮らしが始まってしばらくは、一人の時間に慣れていないので、いつも「本来いるはずの誰かがいない」という感覚になります。

ぽっかりと空白があるように感じ、いよいよ寂しくなって、その穴を何かで埋めたくなります。

逆に言えば、一人暮らしで寂しいという人は、その空白を埋める「何か」を見つけるようにすることが大事であると言えるでしょう。

その場合、もちろん友人や誰かと話したい、という気持ちから、会って話をする、電話をする、というのもよいでしょうし、もう少し深い関係を築きたいようなら、恋人を探す、というのもよいかもしれません。

ただし、寂しさを埋めるために彼氏や彼女を見つける、という動機で恋人選びをすると判断に焦り、結果としてもっと傷ついたり寂しい思いをするなど失敗に終わる可能性も高くなるので、まずは、一人でもできる趣味を探す、という順番で始めることをおすすめします。

読書、映画鑑賞、習い事など趣味を持ち、一人で夜ぼんやりしているときでもできることを始めてみること。

恋人づくりは、その共通の趣味などをきっかけにしたほうがよいでしょう。空白を埋めるために、「寂しい」のみを理由にしてしまうと、相手に強く依存してしまうことにも繋がるので、趣味をつくる、何か始めてみる、ということを先にしたほうがよいのではないかと思います。

また、観葉植物を買ったり、ベランダで植物を種から育てたり、犬や猫、小動物、魚や爬虫類など、動物と暮らす、というのも一人暮らしの際のおすすめの寂しさへの対処法と言えるでしょう(参考 : 一人暮らしでも飼いやすいおすすめのペット13選をまとめて紹介!)。

ただ、動物の世話も大変ですし、あまりに感情移入しすぎると、死んでしまったあとがいっそう寂しくなるので、動物を飼うとなったら、その辺りも考えながら決めるようにしましょう。

一方で、誰かと話したい、という気持ちは強くても、人とうまく話せないという場合は、少しずつ慣れるために、ぬいぐるみに話しかける習慣から始めてみる、という方法もおすすめです。

心に思っている、自分の言いたいことを言葉として出そうとすると、胸のあたりでつっかえて止まってしまう人は、きっとむかしからの経験や記憶や心の傷などによって、そういった心の癖が染み付いてしまっているので、まずは、そのまま言葉にして出す練習のために、弱音や本音を、愚痴でも、悩みでも、不安でも、ずっと我慢してきた悲しみでも、上手に話せなくていいので、声に出してぬいぐるみに話してみましょう。

ぬいぐるみが相手でも、本音となると緊張するかもしれません。それでも、言葉にしてみる、話してみる、というのはとても大事なことです。

ひきこもりで寂しい

様々な理由やきっかけがあって、不登校になったり、会社に行けない、人との関わりが怖く、外出ができない、という状態になっている人も少なくないでしょう。

家にこもっている状態を、一般的に「ひきこもり」と言います。「最近、ひきこもり気味でさ」と、普段の会話でも使われる言葉ですが、定義としては、「家族以外との人間関係がなく、社会参加をしていない状態」を意味します。

ひきこもりとは、家族以外との人間関係がなく、社会参加をしていない状態を指します。必ずしも家に閉じこもっているわけではなく、外出をするような方でも家族以外の方との親密な対人関係がない状態は引きこもりに含まれます。不登校をきっかけとして、ひきこもりになる方もいますし、退職をきっかけとしてひきこもりの状態に陥ることもあります。どなたであってもひきこもりの状態になる危険性があり、大きな問題のない一般的な家庭でも起きてしまいます。

出典 : ひきこもりについて|メディカルノート

まだインターネットやSNSが普及する前のひきこもりは、なかなか外出しないと人間関係を築くことも難しかったでしょうが、今は、外出しなかったとしても、インターネットを通じて他者との関係を築いている人も多いでしょうから、ひきこもりの境界線というのは曖昧になっているかもしれません。

ただ、不登校だったり、会社に行っていない、また、その他のグループ活動や交友関係など、他者との交流、社会への参加がない状態というのは、それゆえに孤独で、寂しい、ということも多いでしょう。

人と繋がるということもストレスで、だからと言って、社会参加がないと一人ぼっちで寂しく苦しい人にとって、この板挟みの状態も相当に辛いものがあるのではないでしょうか。

しかも、ひきこもり状態が続けば続くほど、まるで使わないと筋力が衰えていくように誰かとコミュニケーションを取ることが難しくなり、誰かと話したい、と思っても、どうやって話したらいいか分からず、いざとなると緊張で声が出ない、といったことにもなるでしょう。

そのため、ひきこもりで人と話せない、という場合、まずはリハビリとして、なるべく「話しやすい人」と話す機会を増やすことをおすすめします。

もし外出が可能であれば、カウンセリングもよいでしょう。カウンセラーとの相性もあるので、自分に合ったカウンセラーを探しましょう。

また、マッサージなどもよいかもしれません。話したいのに話せない、会話ができない状態のときには、緊張で体が硬くなっていることも少なくありません。リラックスには、身体的にほぐしてあげる必要があり、その意味では、アロマの香りやヒーリングミュージック、マッサージによって心身がほぐれた状態だと、自分が思っている以上にリラックスして会話ができます。

家から出られない場合は、家族や友人の知り合いでも、また電話のカウンセリングでも、また信頼できそうな相手であれば、SNSで繋がった友人でも、少しだけ話してみる、というのもよいでしょう。

先ほども少し触れたように、怪我をして休んでいたあいだの筋肉のようなものなので、いきなり会話をしようとしても難しいでしょうから、少しずつ、話しやすい相手と、自分が一番リラックスできる状況で話すことに慣れていくことをおすすめします。

その場合には、こういう環境ならまだ話しやすいかもしれない、ということ、また、途中で苦しくなったら話せなくなるかもしれない、退出するかもしれない、という旨なども伝えておくようにするとよいでしょう。「こうなったらどうしよう」という不安が多いほど、緊張が重なり、余計に話せなくなってしまうので、その辺りについて文章などで伝えておくようにすることも重要です。