人生

寂しいとき、誰かと話したいとき

寂しいとき、誰かと話したいとき

寂しさや孤独は人間の根幹

どうしても、寂しいときや孤独なときがあると思います。

この世界に自分一人だけのような気がして、どこまでも沈んでいきそうで耐えられないときが、生きている間にはあって、本当に辛いときには、もう生きているのも嫌になることもあります。

寂しさや孤独は、幼い子供のときよりも、徐々に年齢を重ねて、思春期になったり、大人になってから、いっそう色濃くなっていっているのではないでしょうか。

萩原朔太郎さんというむかしの詩人がいます。

彼が、人間の孤独について次のように書いています。

人間は一人一人にちがつた肉体と、ちがつた神経とをもつて居る。我のかなしみは彼のかなしみではない。彼のよろこびは我のよろこびではない。

人は一人一人では、いつも永久に、永久に、恐ろしい孤独である。

原始以来、神は幾億万人といふ人間を造つた。

けれども全く同じ顔の人間を、決して二人とは造りはしなかつた。人はだれでも単位で生れて、永久に単位で死ななければならない。

出典 : 萩原朔太郎『月に吠える』

人間というのは本来、だれもが違った肉体と神経とを持っていて、自分のかなしみも相手のかなしみも違って、だからこそ、一人一人というのは孤独なんだというわけです。

孤独で、でも、ほんとうのほんとうにひとりだったら、寂しさもないのかもしれません。

たとえばひとりぼっちの無人島で、静かに暮らしていたら、だれかと繋がりたいという感情もなくなって、それゆえに寂しさもなくなるのではないでしょうか。

あるいは、動物のように、ただ純粋な本能のままに生きていたら、寂しさという感情もないのでしょう。

しかし、人間というのは孤独であるにもかかわらず、完全にひとりにもなれず、社会のなかで生きなければなりません。

寂しさというのは、繋がることができる環境でありながら、繋がれない状況によって芽生えるものなのでしょう。

ネットや携帯電話の普及によっていつでもどこでも繋がることのできる環境になったら、より繋がれないことも突きつけられて、むかしの生活よりもさらにいっそう寂しい想いに襲われることも増えたでしょう。

ただ、孤独と寂しさというのは現代社会に特有のものではなく、はるか昔からあるもので、だから和歌などでも寂しさが季節の景色とともに詠まれています。

こういう風に考えると、孤独や寂しさというのは人間にとっての根幹と言ってもよく、完全になくすことはできないもので、だからこそ上手に上手に、付き合っていくしかないものなのでしょう。


一人暮らしの夜に寂しい

大学進学や社会人生活、単身赴任などをきっかけに一人暮らしをする人も多いでしょう。

これまで家族と一緒に暮らしていたときは、まだ平気だったものの、実家を離れ、一人暮らしを始めると、途端に寂しい気持ちと直面することになります。

まだ日中は、仕事や学校があったり、外が賑やかだったり、何か暇つぶしすることがあることで孤独感や寂しさを紛らわせることができますが、特に一人暮らしの夜、静けさに包まれると、寂しさのあまり、ぐうっと沈んでいくような感覚になる人もいるでしょう。

一人暮らしで寂しい感情は、「慣れ」も大きいと思います。一人の時間に慣れていないと、いつも「いるはずの誰かがいない」という感覚になります。

ぽっかりと空白があるように感じるので、余計に寂しくなって、その穴を何かで埋めたくなります。

逆に言えば、寂しい人は、その空白を埋める「何か」を見つけるようにしましょう。

もちろん友人や誰かと話したい、という風に電話をする、というのもよいですし、恋人を探す、というのもよいでしょう。

ただし、寂しさを埋めるために彼氏や彼女を、というと恋人選びに失敗する可能性もあるので、まずは一人でもできる趣味を探すのがおすすめです。

読書、映画鑑賞、習い事など趣味を持ち、一人で夜ぼんやりしているときでもできることを始めてみましょう。

恋人づくりは、その共通の趣味などをきっかけにしたほうがよいと思います。「寂しい」のみを理由にしてしまうと相手に強く依存してしまうことになるので、趣味をつくる、ということを先にしたほうがよいと考えられます。

また、観葉植物を買ったり、ベランダで種から育てたり、犬や猫、ハリネズミやうさぎ、魚や爬虫類など、動物と暮らす、というのもおすすめです(参考 : 一人暮らしでも飼いやすいおすすめのペット13選をまとめて紹介!)。

一方で、誰かと話したい、でもうまく話せないという人は、ぬいぐるみに話しかける、というのもおすすめです。

自分の言いたいことが言葉として出す前に胸のあたりでつっかえて止まってしまう人は、そういう心の癖が染み付いてしまっているので、まずはそのまま言葉にして出す練習のためにも、ぬいぐるみに話しかけてみましょう。

愚痴でも、悩みでも、不安でも、ずっと我慢してきた悲しみでも、声に出してぬいぐるみに話してみるようにしましょう。